かまど炊き

かまど炊きは、なぜおいしい?

かまど炊きのご飯がおいしいのは、お米にしっかりと水分を含ませてから、強い火力でムラなく炊き上げるためです。当店では、かまどを独自に開発し、古来から親しまれてきたかまど炊きのおいしさを再現しました。これによってお米の細胞を壊すことなく、炊き上げることにより、一つひとつの粒にうま味が詰まった、極上のご飯に仕上がります。強い火力で一気に炊き上げるからこそ、噛むほどに、甘み、香り、そして粘りのあるご飯となるのです。

わずか10分で一気に焚く

一番のポイントは、加熱時間わずか10分で100℃に達するかまどの構造です。これによってお米をおいしく炊くための条件を、強い火力で一気に炊き上げることでクリアしました。また火を止めてからも、かまどが蓄えた熱で包み込むように炊飯を続け、やがて蒸らしの時間へ。これもみずみずしいおいしさの実現に欠かせない工程です。 電子釜ではなし得ない、「ガスの強い火力を利用したかまど炊き」だからこそできることです。さらにうま味を引き出すための火加減や炊飯時間を探りながら試行錯誤を重ね、とことんうま味を追求しました。かまど炊きご飯ならではのおこげの香ばしさまで、存分に味わってください。

これからも続くお米の物語

こだわりは、宝物のように育てた米どころ新潟のおいしいお米を、独自のかまどで丹念に炊き上げ、お客様の待つテーブルへと届けることです。でも、私たちが描くお米の物語はここで終わりません。残り物をリサイクルした肥料を使って、環境にやさしい米作りや、お客様の手にしっくりとなじむお茶碗や、そのお茶碗を温めてお出しする等のこだわりを、少しずつ積み重ねていけたら-。そんな想いが、お客様がご飯を口に運ぶまでの瞬間という、小さな物語の広がりにつながって行くものと信じています。